ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?保険のサービスのついたカードは?

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときでもETCレーンなら比較的スムーズに進めます。

ETCカードを発行するにはクレカを発行する必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新しくクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるのでカードの利用頻度などから自分の生活環境に合うカードを探してみてください。

車で遠くに出かけるときに便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費について大まかに分類すると1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べて料金所渋滞に引っかかりづらくお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されても利用停止にしたらいいから気にしない」といった意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には様々なトラブルが発生しているようで認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

トラブルが起きるタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前高速を利用しようと思ったら家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

急なトラブルについ焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクという部署で手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料は必要ですが手続きをしてから2週間しないうちに再発行されたカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、トラブルが発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もし車載器側でエラーが発生したらエラーの警告音が出ます。

レーン出口のバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

バーが開かなかった時のためにETCレーンでは減速しながら入っていくことになっています。

もしバーが開かない場合はバーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

停車後はバーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが平均利用月額が5千円単位で切り上げた額の4倍以上の金額(4万円前後が多い)を補償金として事務局に預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば携帯料金の未納など何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

皆さんはETC カードを作る際にどういった内容を気にしてカードを申し込みましたか?所持しているクレカ会社にそのまま発行申し込みをしている方や年会費をチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだETCカードを持っていない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て作ったのかを調べてみました。

傾向として、高速道路の利用頻度が少ない方は年会費無料のカード、利用する回数が高い方はポイント還元率やマイレージ特典で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに必要なものはなんでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを作っていなく銀行のキャッシュカードしか持っていない場合は基本的にクレカを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカード機能のみだとダメかというとETCレーンを通過するときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落としの方法にすると偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードについて調べていたところカード会社によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどのさまざまな特典がつくカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなのでよく車に乗られる方や高速道路を使う方は給油特典があるカードの利用がお得です。

参考:ETCカード審査ゆるい?通りやすいのは?【即日申し込み方法】

このようにカードごとに特典が違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

わかっているようで実は知らないルールってありませんか?一例としてETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのHPで正しい使用方法の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードには有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車載器にカードを入れる際はカードの向きに気をつけましょう。

オモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

ETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もし車載器の故障など何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車を無理に動かさず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンで係員とやりとりをして支払いするより短時間で通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

例えば、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。