住宅ローンの歴史と金利が安い銀行とは?

住宅ローンは家をたてる際に利用するもので、誰もが利用する機会の多いとても身近なローンの一つです。
日本で住宅ローンのシステムが取り入れられたのは、約120年前の明治時代からです。
驚くことに、現在のように銀行などの金融機関からはじまったのではなく、不動産業から発展しました。
このようなシステムが発展した背景には日清戦争が終わり経済が活発になったためで、収入の低い一般市民も家を購入する機会が増えた事にあります。
現在のように一般的なローンに発展したのは1950年代の住宅金融金庫が作られてからで、その後様々な変化を遂げて今に至ります。
また、1980年代のバブル崩壊後は土地や建物の不動産価値は徐々に下がり、平成19年の公庫融資の廃止にともない欧米を中心に日本でも、ローンの債権化が今後は進む可能性があります。
今後も不安定な経済の変化はどう傾くか予想がつかないので、住宅ローンの金利は安いに越したことはありません。
楽天銀行フラット35の減税は?住宅ローンのメリット!【長期固定金利】