化粧水の役割なら

スキンケアの基本として、化粧水を使用しているという方は多いでしょうが、そもそも化粧水というのはどういった役割があるものなのかご存知でしょうか。
化粧水というのは、簡単に言えば、お肌に水分を与えるためのものになります。
毎日きちんと洗顔をしている方も多いでしょうが、洗顔をした後に、お肌がカサつく、つっぱるという事は無いでしょうか。
洗顔後というのは、お肌の水分が蒸発してしまう傾向にありますので、きちんと水分を補ってあげることが大切なのです。
また、お肌が乾燥した状態で放置してしまうと、お肌は自然と乾燥を防ごうとして、どんどん皮脂を分泌してしまうのです。
中には、化粧水ではなく、洗顔後に美容液を使っているという方もいるでしょう。
しかし、美容液に水分を与えるという役割はありませんので、美容液だけでは不十分という事になります。
反対に、化粧水を付けただけでお肌のお手入れを終えてしまうと、そのまま水分が蒸発してしまいますので、美容液やクリームなどを利用して、保湿する必要があります。
ただなんとなく化粧水を付けるのではなく、化粧水の役割をきちんと理解した上で使用するようにすると、正しいお手入れが出来るのではないでしょうか。