住宅ローン審査と保険について

住宅ローンを住宅ローン借り換えの申し込みする時、強制加入する保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローンはすべて無くなる。
という保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
住宅ローンを長年組んでいると、まとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
そんな時は、是非繰り上げ返済を検討してみましょう。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をすれば、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。
自分の家を持つ。
という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。
しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。
そこで、現金ですぐに返済ができる。
という感じは、一般市民にはなかなかできません。
それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?簡単な方法としては銀行や信用金庫といったところでしょう。
自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋の担当者の人に託しても良いでしょう。
今すぐにでなくても、いつかは住宅ローンを申し込む方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
普通は、ローンの1割程度が必要経費としてかかってきます。
金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、それほど変わらなかったという事もあります。
そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるか合計で計算することで、全体像が見えてきます。
具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、意外なところで費用がかかる場合もあります。
自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローンの借り換え借り換え審査が必要です。
現金ですべて返済が出来れば問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン借り換え審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
長い月日かけて返済しないといけないので、借り換え審査に通らない方も出てきます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
住宅ローン借り換え審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。
という事も重要なポイントです。

母子家庭の住宅ローン審査は厳しい?パートでローン組める?【審査基準】